木の家で暮らす。自然素材住宅が選ばれる理由とは

新築一戸建てを建てる時に、一度はじっくり検討したいのが素材についてです。
特に自然素材住宅は木の香りが感じられ、ナチュラルな生活ができるイメージがあります。

自然素材住宅で使われている無垢材をはじめとする住宅建材素材は、具体的にどのようなものなのでしょうか。
自然素材住宅を建設するにあたっては、普通の住宅家に比べてどういう点が優れているのかを理解し、どのような暮らしが可能なのか、イメージを膨らませることが大切です。

 

自然素材とは何を指す?

自然素材とは化学物質を含まない自然由来の素材を指します。
つまり自然素材の家というと、無垢材や漆喰、珪藻土などをはじめとする「肌に触れたり口に入ったりしても人体に害がない素材で作られた家」ということになります。

とはいえ「自然素材住宅」という言葉自体には明確な定義はありません。

自然素材を使っているとうたっていても、多少は科学物質が混じっているケースも珍しくありません。
これは施工上の安全、コスト削減や工期の短縮の上で致し方ない場合があります。

それでは実際に使われる自然素材にはどのようなものがあるのでしょうか。

自然素材はもちろん自然由来の原料で製造されています。

自然素材と聞いて木の家を思い浮かべる人は多いでしょう。自然素材の木の家で使われるのは天然木をそのまま素材として生かした無垢材です。これに対して普通の家に使われるのはベニヤなどの合板材。合板材は薄い板を接着剤でくっつけて生まれた木材なので、化学物質が多く含まれています。

壁によく使われる自然素材としては珪藻土があります。珪藻土は海の藻類の一種である珪藻が化石になり、積み重なって岩のようになったものです。珪藻土は耐火性や断熱性に優れており、建材に非常に適した自然素材です。湿度の調整も珪藻土は得意としています。

また、漆喰も優れた自然素材です。消石灰や麻、海藻のり、川砂などを原料として作ります。固めるために化学樹脂を入れるケースもあります。
日本では昔から非常に幅広い建造物に使われてきた、耐火性が強い建材です。

 

自然素材住宅のメリット

自然素材住宅の大きなメリットとして、人間の体に優しいという点があげられます。ここでは具体的にメリットをご紹介します。

①化学物質によるシックハウスの心配がない

普通の新築住宅の場合、シックハウス症候群が心配な人も多いでしょう。シックハウス症候群とは家に使われている化学物質である防腐剤や塗料、接着剤が揮発することで空気中に漂い、それを住民が吸い込むことで出る様々な症状です。目まいや頭痛、目のチカチカ、吐き気、呼吸器の疾患、アレルギーなどが挙げられます。

2003年以降建築の新築住宅にはシックハウス対策をすることが法律で定められ、ホルムアルデヒドの規制や換気が義務化されています。しかし、化学物質が使われていること自体は変わらないため、空気中には減ったとはいえ人間に優しくない物質が浮遊しているのです。

しかし、自然素材の住宅であればこうした化学物質がほとんど使われていない、使われていたとしても普通の家よりも非常に低い割合なので、安全で健康的な暮らしを営むことができます。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭だと、いろんなところを触ったり舐めたりする可能性があります。そんな時に危険な化学物質に触れるリスクがない自然素材の家であれば安心です。化学物質によるシックハウスの心配がないのは大きなメリットです。

 

②肌触りが良い

無垢材で作られた床や柱は肌触りがよく、自然な温かみが感じられるのが魅力です。素足で歩けば無垢材の心地よさを感じることができます。また、見た目や質感が月日を経て変化し、家全体が徐々に生活に馴染んでいきます。家と共に生きることを実感できるのが自然素材の家です。

 

③ナチュラルな湿度温度調節

無垢材には湿度調節機能があります。湿度が高い時には水分を吸収し、湿度が低い時には水分を放出するため、家の中が過ごしやすい湿度に保たれるのです。

 

④無垢材と自然塗料で自分らしい内装を

無垢材に自然塗料で色を塗ることで、自分らしい内装を自由に実現できます。自然素材でない家では全体に壁紙が貼られていることが多いですが、自然素材の家では無垢材の良さを活かし剥き出しにしている部分が多いです。自由に色を変えて住まいを自分らしく彩る楽しさがあります。

 

自然素材住宅のデメリット

自然素材住宅のデメリットは建築やメンテナンスに手間がかかることです。具体的にどのような面で苦労するのでしょうか。

 

①普通の住宅と比べて建築費用が高い

自然素材の建材は一般的な建材よりコストがかかるため、それを使ってた建築した住宅も同じ間取りの普通の家に比べて割高になります。

さらに自然素材の住宅は化学的な建材を使った住宅よりも、施工に技術が要ります。特殊な技術を持った職人が必要なケースもあるため、人件費も高くなる傾向があります。

 

②年月を経てメンテナンスの必要が生じる

自然素材の家で使われる無垢材は水分を吸収・放出する機能があり、湿度や温度の調節をしてくれますが、その際に伸び縮みします。繰り返しているうちに縮んで隙間が開いたり、膨張してめくれが起こったり、床鳴りが発生するなどの可能性があります。発見した場合にはメンテナンスが必要です。

 

自然素材住宅はどのような人におすすめか

メリット・デメリットを踏まえた上で、自然素材の家は下記のような人におすすめです。

  • 木の香りが好き
  • デザインにこだわりがある
  • 体や環境に優しい家に暮らしたい
  • 小さいお子さんがいる
  • 価格よりもクオリティ重視
  • 家の経年変化やメンテナンスを楽しめる

無垢材を使っていることから新築時は、特に木の香りを強く感じられるはずです。

キャンプやログハウス滞在など自然の中で過ごすのが好きなライフスタイルの方であれば楽しめるはずです。

 

また、デザインにこだわりがある方も、自由度が高い自然素材住宅は向いています。部屋の間取り、無垢材の配置、自然塗料での色付けなど、個性的なマイホームを作る楽しさを感じられるでしょう。

CATALOG PRESENT

資料請求

北本市で注文住宅を建てるための資料請求はこちら 北本市で注文住宅を建てるための資料

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

PAGE TOP
来場予約 お問い合わせ 資料請求