ガレージハウスの魅力

車やバイク・アウトドアなどを愛する人にとって、またwithコロナの中で暮らし方の
変化によって、近年人気を集めているガレージハウス。今回はこのガレージハウスに
ついてお伝えいたします。

「ガレージハウス」とは住宅とガレージが一体となった建物のことです。建物の一部
にガレージを設けたり、一階をガレージとして二階に住居部分を設けたものがあり、
ビルトインガレージやインナーガレージとも呼ばれています。

「ガレージハウスの魅力」

ガレージハウスの魅力は、大切な愛車が雨風にさらされないことです。台風などの強
風の時に、飛来物によって傷ついてしまうこともあります。想定外の鳥のフンで汚れ
てしまうこともありません。

屋根や壁で囲まれているため、外部の駐車場と比べて風雨などを防ぐことができま
す。シャッターを設ければ完全に隔離することもできます。いつの間にか侵入した猫
の足跡に驚くこともありません。

暮らしの場から車庫へのアクセスが短いことも、非常に便利です。買い物に出かけ荷
物が多くなってしまった時、しかも雨の日に傘をさして何度も往復することを、皆さ
まも経験されていると思います。ましてや、小さなお子様を抱っこしながらや、目が
離せない元気なお子様がいるご家庭では、直接室内に出入出来るのであれば、家事や
育児の負担が軽減されるでしょう。

防犯性が高いことも、ガレージハウスならではの魅力です。大切な愛車などを、目の
届かない所に駐車しておくと、“いたずら”や“車上荒らし”に狙われる可能性があ
ります。テレビの報道番組で、悪質な“いたずら”や強引な盗難事件を見たことがあ
ると思います。大切な愛車をしっかり隔離して守ることで、いつでも安心することが
できます。

「ガレージハウスを計画する注意点」

これからガレージハウスを計画する際には、日常の生活空間との動線や距離の保ち方
をどうするのか、しっかりとしたプランニングが重要です。

独立性を高めて、自分だけの別世界を求めてしまうと、家族との距離が生まれてしま
います。ガレージハウスを設けることは、単純に住居スペースを削ることでもあり、
ロマンを求めるだけでなく、ご家族も楽しめるような工夫も必要です。また、家族構
成や年代の変化によって、車を入れ替えたりすることが予想されます。可能であれ
ば、最大のスペースを確保したいと思いますが、近年流行りのSUVやワゴン車は、幅
も高さも大きなサイズのものもあります。どのような車両を停めるのか、しっかりと
検討しておく必要があります。

また、車庫として使用するだけでなく、そこでの様々な時間を楽しむのであれば、換
気や通気、照明、冷暖房などの配慮も、居住空間と同じように必要です。

開口部を大きくしつつ強度や耐震性を保つため、費用に影響が出てしまうことも考え
られます。

これらのことをしっかりと考えて、自分の目指す空間利用法の計画を立ててくださ
い。

「これらの新しい生活」

一昔前までは、住宅はリビング中心にプランニングされるのが当たり前でした。しか
し、近年はさまざまな価値観やライフスタイルによって、多様化しております。ま
た、withコロナでの生活においては、さらに今まで以上に工夫をされていると思いま
す。キッチン・バスルーム・寝室・庭など重視するポイントも、それぞれ異なってい
くと思います。

ガレージハウスという愛車などのお手入れはもちろん、ご家族の趣味部屋や自由な空
間にして、ワイワイやれる。

ガラスで仕切ってショールームのように室内側から愛車をみたり、遊ぶ子供たちを見
守ったり、アウトドアリビングとしてBBQを楽しんだり、使い方は無限大です。

予算などのハードルが存在するのも事実です。“これだけは叶えたい”という夢の優
先順位をキチンと決めて、これからの新しく楽しい生活をおくるため、取り入れてみ
るのも面白いと思います。

 

CATALOG PRESENT

資料請求

北本市で注文住宅を建てるための資料請求はこちら 北本市で注文住宅を建てるための資料

CONTACT

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

PAGE TOP
来場予約 お問い合わせ 資料請求